法人のお客さま

DOORでは、商品販売やライブ配信、会議などビジネスシーンにおいても利用しやすい環境を提供しています。

DOORでビジネスを始めよう

  • 簡単にルーム作成

    テンプレートや3Dアイテムも使用可能

  • マルチデバイス対応

    ブラウザからルーム作成や訪問が可能

  • 安全・安心の環境

    NTT基準のセキュリティで管理

ビジネス利用について

DOORでは中小企業や個人の方を支援するために空間を無料開放しております。
テンプレートも用意していますので、お客さまの好みにカスタマイズして3D空間を作成いただけます。
※商用利用に該当する場合は、事前申請が必要です

  • サービス利用料無料
  • 課金手数料無料
  • アプリインストール不要
  • カスタマイズ可能
  • DOORからの誘導支援

イベントの事例とともに、一部、活用方法を動画でもご紹介しています。

企業さま向けご利用方法

3D制作技術が無くても簡単に
ビジネス利用が可能(無料)

ショップやオフィス、ライブハウスなどビジネス活用できるテンプレートも用意されています。お持ちの画像や動画、3Dデータを自由に配置することができ、初心者でも簡単に操作して作成できます。また、ルームレイアウト機能を利用して完全オリジナルのルーム作成も可能です。

無料ルームを作成

大規模イベントや展示会など個別相談可能
(個別カスタマイズ等は有料)

過去には、ニコニコネット超会議2021やバーチャルクラフ特区といった大規模イベントも開催しており、展示会やライブなど多くのユーザーが参加、交流するイベントもバーチャル空間で実現可能です。
3D空間制作等については、個別にご相談をさせて頂いております。

大型イベント事例

商用利用に該当する場合は、事前申請が必要となります。「商用利用の申請」はこちら

よくある質問

サービスについて

Q.DOORでどんなことができますか?
A.人を集めて実施するイベントや作品展示等を3D空間上で実現できます。
機能的には、3D空間の制作・装飾、アバターを通したコミュニケーションが可能です。
・3D空間制作・装飾(動画配信・ライブ配信、画像(外部リンク可)、3Dオブジェクト設置)
・コミュニケーション(音声会話、テキストチャット、画面共有、絵文字・拍手等)
現実を拡張したバーチャル空間ならではの装飾や演出も可能です。
基本の操作について
Q.他のVRサービスと比べたDOORの特徴は?
A.ウェブブラウザなのでマルチデバイスで幅広い方にご利用いただけます。

<メリット>
・WebVRなので、特別なアプリが不要です。
 URL1つで入室でき、SNSでのシェアと親和性があり、他サービスへの遷移もスムーズです。
・ルーム制作もブラウザで完結、更新作業も簡単です。
・プラットフォーム利用料が現時点では無料です。

<デメリット>
・アプリ型のVRに比べて、ポリゴン数等に制約があり、細かいクオリティで劣る。
・ゲームのようなアクションプログラム(宝箱を開くなど)ができない。
Q.Mozilla Hubsとの違いはありますか?
A.日本語で使いやすくNTT管理レベルの高セキュリティで運用しております。
・日本語対応したUI
・オリジナルのルームテンプレートや3Dオブジェクト(DOORアイテム)を用意
・NTTのセキュリティ基準を満たしたシステム構成
・ルームの定期監視
Q.サービス利用料金はかかりますか?
A.現在、サービス利用料は無料となります。
商用利用の際も事前にご連絡いただき、確認後に無料でご利用頂けます。
サーバ費用等、ランニングコストもかかりません。
今後のサービス方針によっては変更の可能性があること、ご了承ください。
Q.3D空間(ルーム)の制作依頼はできますか?
A.ケースバイケースで、ご相談とさせて頂いております。
非常に多くのお問い合わせを頂いており、DOORを広くご利用頂くため、プラットフォームの開発・整備に注力しておりますのですべてのご依頼に対応でき無い可能性があることご了承ください。
また、Unity等の3D制作を得意とする企業様への委託もご検討頂けますと幸いです。

ご依頼いただく場合は、制作期間は変動ありますが、1〜3ヶ月程度とお考えください。
費用は3D空間の作り込みにより変動しますのでご用件をお聞きしてからお見積もりを提示します。

ルーム作成と機能

Q.100人規模のイベントはできますか?
A.現在、1つのルームの同時接続人数は25人を推奨しています。
設定により、上限を50人まで上げることは可能ですが、スマートフォンからの接続を考慮した推奨は25人をご案内しております。
そのため、100人規模だと25人のルームを4個、1000人規模だと25人のルームを40個準備します。
ルームレイアウト機能を利用することで、1つのシーンから同じルームを複数生成できます。
HTMLで制作したページに複数のルームボタンを置き、振り分けを実施するなど、運用で工夫頂いております。
この際、別々のルームにいる人同士でコミュニケーションはできませんのでご注意ください。
・ルームレイアウト機能を使ってオリジナルルームを作る (ページ下部)
・ルームレイアウト機能の使い方
Q.特定のユーザのみ入れるルームを作れますか?
A.会員管理機能は提供していませんので、特定のユーザ様のみ入室可能といったことは、現在できません。
ただし、ルームを制作頂くと、ランダムなルームのURLが生成され、そのURLをご存知の方のみ入室可能な限定URLとなりますので、URLを告知しない限りはクローズドなルームとなります。
特定の会員様だけにメールでURLをご連絡したり、DOORとは別のサービスで、認証した方だけが見れる場所にURLを配置することをご検討頂いております。
Q.会員管理の仕組みはありますか?
A.現在、会員管理及び個人認証の機能はありません。
Q.決済・課金の仕組みはありますか?
A.現在、決済・課金の機能はありません。
画像にリンクを設置して、販売ページ・ECサイト等への遷移は可能です。
Q.イベント実施時に会員データは取れますか?
A.会員情報を持っていないため、どんな人がいつ訪れたという情報は取得できません。
また、イベント内での動画視聴数等も取得できません。
Q.テキストチャットや音声をコントロールできますか?
A.ルーム制作者及びルーム制作者からプロモートされたメンバーであれば、部屋のユーザを一括ミュートにすることが可能です。
ただし、ユーザが再度意図的にマイクをONにすることができるため、完全にミュートをコントロールすることはできません。
テキストチャットの利用制限は現在できません。
また、悪意のあるユーザを追い出すことは可能ですが、再度入室することもできてしまいます。
Q.アバターはカスタマイズできますか?
A.カスタマイズ可能です。
制作したglbファイルをアップロードして、自分だけのアバター利用できます。
アバターの登録方法について

その他

Q.普通のPCで利用できますか?推奨スペックを教えてください。
A.様々な要因が絡むので、現在推奨スペックは明示しておりませんが、一般的なPCスペックで十分ご利用頂けます。
ただし、ネットワーク環境や別で重い作業をされている場合や、オブジェクトがたくさん設置された重たいルーム等への入室等で固まることがございます。
一度リロード頂くことで解消する場合がございますのでお試しください。
Q.イベントを実施する際、注意点はありますか?
A.3D空間に初めて入る方への使い方の情報告知や、機種によりコンテンツが閲覧できない方に対して2Dのコンテンツを用意するなど イベントの事情に合わせて手厚いサポートを行うことでトラブルを事前回避できます。
・初めてイベント会場に入室された方へ向けて、入口付近に操作方法や注意事項を案内する看板を設置すると親切です。
・不適切な参加者をミュートしたり、退室させたりするための体制があるとトラブル回避がしやすく安心です。
・特にスマートフォンにおいて、機種やOSバージョンにより、動画の再生が不安定な場合があります。
 運用上の工夫として、現状は2Dの動画配信ページへのリンクを用意するなどの対策をご案内しております。
 動画配信、ライブ配信の際は、一度テスト・リハーサル等を行うことを推奨しております。
 イベント当日にサーバートラブル等による閲覧できない場合があってもNTTが保障ができないこと、ご了承ください。

その他、ご質問やご相談はお問い合わせより受け付けております。

お問い合わせ

商用利用の事前確認

商用利用に該当する場合は、事前確認が必要となります。
該当例:DOOR内での商品やチケットなどの販売、外部の商用サービスへ誘導、作家や芸術家の作品を用いた美術館のような使いかた。
※DOOR内で利用する表現物の制作受託などは商用利用に該当しません。

以下の情報をご記入の上、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。
<記入いただく情報>

  • ・企業名
  • ・ご担当者
  • ・連絡先電話番号
  • ・企業サイトURL
  • ・販売する商品
  • ・部屋からリンクする購入サイト

【ご注意ください】
投稿コンテンツ(ルーム及びルーム内の動画・3Dオブジェクト等)について定期監視を行っており、 利用規約 14項の禁止行為に該当すると判断した場合、お客様に通知することなくコンテンツを削除させて頂く場合がございます。

お役立ち情報

DOORご利用に役立つ資料をご覧いただけます。