オリジナルのルームを作る

ルームレイアウト機能を使うと、シーン(部屋)をオリジナルで作成できます。

①ログインする

  • ①ログインする
  • ルームレイアウト機能はログインしなくても利用できますが、シーンの保存ができません。 シーンを保存する場合はまずログインしてください。 メールアドレスで認証するだけの簡単なログインです。

②新しくシーンを作る

  • ②新しくシーンを作る
  • 「新しいシーン」をクリックしてベースとなるシーンを選んでください。 既存のクラフトルームのシーンが選べます。

③パネルの説明

③パネルの説明

  • メニュー : プロジェクトの管理ができます。
  • オブジェクトツール : オブジェクトの編集に使います。
  • ビューポート : 今作っているシーンをプレビューできます。
  • アセットパネル : ここからシーンに置くオブジェクトを選択します。
  • 公開 : 作ったシーンを公開できます。
  • ヒエラルキー(レイヤー)パネル: 現在シーンに配置されているオブジェクトを一覧で確認できます。
  • プロパティパネル : 選択中のオブジェクトの細かい設定ができます。

④移動の仕方

  • ④移動の仕方

  • 左クリック: 回転・旋回
    右クリック+WASD: 移動(+Shiftで高速移動)

⑤モデル設置

  • ⑤モデル設置

  • アセットパネルから置きたいオブジェクトを左クリックで選択し、ビューポート上の置きたいところに左クリックで設置できます。
    Q/E : 左向き/右向きに回転
    Esc: 置くのをキャンセル

⑥オブジェクトを選択

  • ⑥オブジェクトを選択
  • 左クリックで配置したオブジェクトを選択できます。
    オブジェクト選択状態でF、またはダブルクリックフォーカス
    Shift+左クリック : 複数のオブジェクトを選択
    Esc : 複数のオブジェクトを全選択解除

⑦オブジェクトの編集

  • ⑦オブジェクトの編集
  • オブジェクトを選択した状態にすると右下のプロパティパネルに編集できる項⽬が出てきます。⼤きさや向きを変えたり様々な設定ができます。 ファイルの種類によって編集できる項⽬が変わります。

⑧お気に入りの追加

  • ⑧お気に入りの追加
  • アセットパネルにお気に入りという項目があります。ここにプロジェクトで使いたいGLB、画像、動画、音源などをドラッグアンドドロップするとお気に入りとして読み込まれます。 読み込まれたアセットはシーン上に自由に配置できます。また、ビューポートに直接ドラッグアンドドロップしてもお気に入りに追加されます。

⑨プロジェクトの保存

  • ⑨プロジェクトの保存
  • メニューの「プロジェクトを保存」または、Ctrl (Command) + S でプロジェクトを保存できます。保存したプロジェクトはサインインすればいつでも編集できます。

⑩プロジェクトの公開

  • ⑩プロジェクトの公開
  • 画面右上の「公開」ボタンで作ったシーンを保存し、公開できます。名前や説明文を入れてシーンを公開します。

⑪パフォーマンスチェック

  • ⑪パフォーマンスチェック
  • その後、自動でパフォーマンスチェックを行います。 オブジェクトを置きすぎたり、重たいファイルを配置するとパフォーマンスが悪くなってしまうので、最適なパフォーマンスになるように調整します。

⑫公開完了

  • ⑫公開完了
  • シーンが公開されたらDOOR上で実際にルームを作って確認できます。まずは自分でシーンを使ってみて確認しましょう。

⑬自分で作ったシーンを使ってルームを作る

  • ⑬自分で作ったシーンを使ってルームを作る
  • 「シーンを⾒る」ボタンをクリックするとこの画⾯に移動します。
    「マイルームを新しく作成する」またはその右側の「・・・」をクリックしてルームを作成できます。
  • ⑬自分で作ったシーンを使ってルームを作る
  • 他のクラフトルームと同じようにルームを使えます。
    ⾃分で作成したシーンでルームを作ってDOORを楽しんでください!